ちょっぴりタッチ&フラッグ

スペックスフットボール presents|平成生まれのコンパクトなアメフト「タッチ&フラッグフットボール」の情報をライトに発信中

郡山市の子どもフラッグイベント「元気フラッグ教室」の紹介

今回は、1月におこなわれた福島県郡山市での子どもイベントをちょっぴり紹介します。

元気フラッグ教室とは

郡山市アメリカン・フラッグフットボール協会が主催し実施しているフラッグフットボールを使った遊びの会です。小学1~6年生と、5歳以上の未就学児を対象にしています。協会では季節ごとにイベントをおこなっており、「元気フラッグ教室」は冬のイベントで今回が第2回です。30人の子どもが参加しました。
今回の特徴は、女の子の参加人数が男の子よりも多かったことです。男女仲良く遊べる内容になっています。

f:id:Icchy:20180120151430j:plain

子どもは何をして遊ぶのか

①しっぽとり:腰に着けたフラッグを時間内にとる
②なげる、ける:ボールを投げたり、置いたボールを蹴ったりする。3年生以上はキャッチボールも。
モンスターボール(低学年):まとあてのチーム戦
④フラッグゲーム(3年生以上):チームに分かれてランやパスで得点をねらう
⑤アーモンドマウス(低学年):ボールを拾ってゴールまで運ぶf:id:Icchy:20180122102418j:plain

という内容です。その日集まったお友達と仲良く遊びます。

イベントのボランティアをしてくれるのは

日本大学工学部アメリカンフットボール部と、郡山女子大学タッチフットボール部の選手、女子社会人タッチフットボールチーム「K-SPEX」のみなさんが参加してくれています。さらに毎回、郡山女子大学の短大生が手伝ってくれます。

f:id:Icchy:20180120132931j:plain

参加すると素敵なプレゼントも

いろいろ秘密のプレゼントがあるようなので、ぜひ参加してみてください。

次のイベントの情報は 

郡山市アメリカン・フラッグフットボール協会

協会によれば、次回は5月5日(土)「郡山市こどもまつり」とのことです。

以上、郡山市の子どもイベントについてでした。